「敏感すぎるひと」HSPとは - 診断と模索 –

【HSPとはHighly Sensitive Person の 略 で、とても敏感なひとのことです。】


おおさっぱにいうならば、敏感すぎて生きづらい人々です。音や光に限らず臭いや痛みなどあらゆるものに対して敏感です。

アメリカのエレイン N. アーロン博士によって提唱された概念で、遺伝的な特徴であり、病気ではありません。

アメリカ人のうち15~20%はHSPであるといわれており、日本人はもっと多いのではないかと言われています。

http://homepage3.nifty.com/hspjapanese-k/index.html

博士のサイトを日本語訳したところがありますの詳細はこちらで参照してください。


HSPのことを日本では過敏性症候群と呼ばれることもあるようなのですが、情報不足でまだまだよくわからないことが多いです。

なお、紛らわしいですが「過敏性症候群」と「過敏性症候群」とは別の物です。(余談ですが私は過敏性腸症候群にもなったことがあります)


 

【診断】

ここにエレイン・アーロン博士作成のセルフテスト(HSP診断)があります(日本語翻訳版)

http://homepage3.nifty.com/hspjapanese-k/newpage1.html

私は27項目中25項目該当。(14項目以上でHSPの可能性)

また、もう1つほぼ同内容のものがあります。

http://kantei.am/388797/

こちらでは私は85点。ランクA(A~Eなので一番上)

私はおそらく高確率でHSPだと思われます。そして、このような遺伝基質が存在するのを知ったのが、ごく最近のことです。

周りの多くの人はなぜこの眩しさが、なぜこの騒音が気にならないんだろう??という疑問に感じることが今まで多々あったのですが、こういうことならば得心がいきます。


【症例】

ひとまず私個人の例ですが、とにかく音や光、臭い、痛みなどに敏感です。

例えば臭いに関しては、つわりの女性と同じような傾向の臭いが苦手であったため「万年つわり」と言われたことすらあります。(他にエアコンなどに付くトリコスポロンというカビに対してアレルギーらしいのもありますが)

ただ、現状では臭いよりも、さらに音や光によって、生活上辛いことが多く、とにかく外のちょっとした音で驚きますし(隣家の扉や車の扉が閉まる音など)、蛍光灯などの光を直接見ると、眩しくてあっという間に気分が悪くなります。

また、ちょっとした温度の変化にも敏感です。


【できるだけでも対処を】

我が家では天井にむき出しになっていた蛍光灯を取り払い、別の場所にLEDライトを直接目に入らない間接照明として配置するなど工夫して生活しております。

仕事柄どうしてもパソコンを使うことも多いですが、この場合も、チラツキ低減機能のあるディスプレイを使い、輝度を最低クラスまで落とし、色温度も下げています。さらに照明も映り込みが起こらないように配置するなどの対処をしています。

ちなみに、安物のノートパソコンのディスプレイなどではすぐに目や頭が痛くなってしまい仕事になりません。


【さらにどうつきあうのか】

このあらゆるものに対する過敏さですが、そのときの体調などにも左右されるため、できるだけなんとか対処できないか?という方法を日々考えております。日や状況によっては「まし」ということも当然あるのです。

病気ではなく遺伝的基質や体質である以上、完全にこの特性を無くすのは不可能なようなので、どうにかつきあって暮らしていくしかないわけです。ゼロにするのが無理でも、少しでも軽減できないものか。そういうつきあい方の模索です。


【デメリットばかりではない】

また、敏感すぎて暮らしづらい欠点の方が現状大きいですが、裏を返せばメリットもでもあるのです。

どうやらほとんどのひとに比べて観察力が高いようで、多くのひとが気づいてないような小さな変化にも気づきやすく、また気づいていることが多いです。

過去に私も「気づきの魔人」「悟りの魔人」などと言われたこともあり、ちょっとした変化やエラーなどを発見するのはどうやら得意なようです。ということは、場合によってはこの特徴は活かせるはずです。


【このブログの方針】

さて、このブログではHSPの敏感すぎて辛いという欠点とどうつきあっていくかを考え、さらにHSPの長所をどう生かしていくかを模索していこうかと思います。

また5人に1人ほどもHSPの方々が世の中にいるのならば、いったいどうやって普段暮らしてるのだろうか?という単純な疑問があります。このあたりも調べたいなという思いもあります。

自分なりの折り合い方を編み出してる方、気づかずに我慢して無理に生きてる方、それぞれたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

この手のものは、1人だけでどうにかできるものは限られます。是非、情報を共有いたしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*