「重要なメッセージ」「PCの動作が遅いですか? コンピュータを無料でスキャンし、クリーンアップをしましょう!」 という広告

「重要なメッセージ」
「PCの動作が遅いですか?
コンピュータを無料でスキャンし、クリーンアップをしましょう!」
「こちらをクリック」

↓以下はサンプルです(サイズを縮小しています)

イメージ5002

↑以上はサンプルです


このような広告も登場しました。デザインからこちらも前回と同タイプだと思われます。

リンク先は、

http://www.uniblue.com/ (以下省略)です。

こちらはドライバを検査して、不安を煽るタイプですね。広告からしてソフトウェアの内容はお察しください。


 

続編:こちら(「警告」「Windowsのエラーを修復」「パソコンの起動を遅くしているエラーを取り除く」「無料スキャン」)もリンク先は同じようです。

「重要なメッセージ」「コンピュータが遅いですか? 今すぐ無料スキャンをして 新品のように動作させましょう?」という広告が登場

「重要なメッセージ」
「コンピュータが遅いですか?
今すぐ無料スキャンをして
新品のように動作させましょう?」
「ここをクリック」

↓以下はサンプルです(サイズを縮小しています)

イメージ4998

↑以上はサンプルです


このような文言の広告が登場しました。他のものに比べると、文章はおとなしいですが、広告自体が派手ですね。

リンク先は

http://ja.reimageplus.com/ (以下省略)です。

「重要なメッセージ」とWindowsダイアログのような形が無ければ、広告そのものは悪質とまでは言えない内容なのですが……今回も意図的に紛らわしいデザインを使ってますので、リンク先のものはお察しください。

ちなみにReimageは、イスラエルの会社です。

ソフトウェア自体は、安定性・セキュリティ・レジストリなどに「問題がある」との判定を出し、不安を煽って、有償版を買わせようとするタイプです。

また、一度このソフトウェアをインストールしてしまうとアンインストールが多少困難のようですのでご注意ください。


 

ちなみにリンク先では例によってMicrosoftと関係有るような書き方をしていますが、Microsoftがいちいち認証したりはしてないのでご注意ください。

また、なぜかMcAfeeのロゴがあったりしますが、これは「そのサイト自体がマルウェアに汚染されてませんよ」というだけで、ソフトウェアとは何も関係ありませんので、こちらも大手なのかと勘違いしないようにご注意ください。

ツイッターで「UGGの日本語版サイト.【送料無料】.この日だけは 8,505円!」等のスパム広告が流行中

ツイッターにて、

「UGGの日本語版サイト.【送料無料】.この日だけは 8,505円!」(このあとにURL)

「日本語版が一番人気ファッションレイバンのサングラス!2499円!
購入するを歓迎する:」(このあとにURL)

等のスパム広告が急増しています。

フォローしてる方から、@アットマーク付で来ます。この方はアカウントを乗っ取られてます。大方は、ネタ系の連携アプリを許可したためです。中には悪質なものがありまして、勝手にツイートされてしまいます。

(パスワードが簡単すぎたために、アカウントを本当に乗っ取られてる可能性もありますが)

【対策1】

乗った取られた方(スパムツイートをしてしまってる方)は……必要なさそうな連携アプリを片っ端から解除してください。

パソコンからツイッターにログインして、右上の自分のアイコンをクリックしてください。そこに「設定」というのがありますので、そこをクリックして設定画面に行きます。

左下の方に「アプリ連携」というのがありますので、ここで、なんだかわからないものは片っ端から「許可を取り消す」にしてください。

でないと、今後フォロワーにスパムをバラマキ続けることになります。

【対策2】

スパムを送られた側は……まぁ無視するしかありませんね。サードパーティのクライアント等を使ってる場合はミュートする等。

ちなみにリンク先も本物のUGG(アグ)などではなく、偽サイトですので、間違っても買わないようにご注意ください。


 

続報:ツイッターで「レイバンのサングラスファッション特価特典として、2499円! 今日限り:」というリプライ

同系統ですね。どうもアプリではなく、パスワードを破られてのアカウント乗っ取りのようです。

iPod Touchでアプリがアップデート中で止まってしまう現象の解決法

iPod TouchのApp Storeでアプリを「すべてアップデート」にしてしまうと、いくつかのアプリがアップデート中のままずっと止まってしまう現象が発生していました。

アップデート中なので、アプリを起動も出来ません。

おそらくなのですが、iOSのバージョンの最新版が6しかないため、iOS7以上でのみ動くアプリがアップデートできずに止まってしまっていたのだと思います(現在は「すべてアップデートにしてもたぶん問題は起きません」)。

この状態になってしまうと、一度アプリを消して、もう1度インストールし直すしかないようですね。

これでiOS6時点での最新バージョンがインストールされなおされました。

「お使いのPCのパフォーマンスに異常が発生しています。」という悪質な広告、他

以前とは文言の変わった悪質な広告が出だしています。

以下はサンプル画像です。他にも類似のものがあります。

イメージ3560-2

B4Kyc9nCcAAxIp0-2

サンプル画像です。(また、本来関係ないはずの会社名が入ってますので一部モザイクを入れてます)

「重要なメッセージ」「お使いのPCのパフォーマンスに異常が発生しています。」「直ちに修正してください。」

追記(12/06):最近さらに「あなたのPCは、クラッシュする寸前です」という新バージョンも出始めたようです。

このように出ていますが、実際に広告欄(Google AdSence) にこのようなものが検出されるはずがありませんので、確実に嘘です。騙されないようにご注意ください。

 

【対策法】

→「PCのパフォーマンスが低下しています」という悪質な広告の消し方

対策法は前に書いた記事と同じです。(偽広告のリンク先も最近出だしたタイプと同じでした)

クラウドカメラ「SpotCam HD」の初期設定について

IMG_2503

→ クラウドカメラ「SpotCam HD」についての紹介はこちら。

 

初期設定について。

ネットワークの知識のある方の場合、そんなに難しくはないのですが、そうでない場合はいくつか詰まるのではないかと思われる箇所がありましたので、参考までに書いておきます。

まず、SpotCam公式サイトに「初回設定の解説ムービー(外部リンク)」がありますので、こちらをごらんください(日本語字幕付です)。

比較的分かりやすい動画なのですが、一部、お使いのデバイスによっては、設定方法が分かりづらい可能性があります。

例えば、iPadの場合は、アプリをダウンロードインストールするだけでなく、途中で「設定」画面から「Wi-Fi」のネットワーク選択をする必要があります。

なお、どれか1つのデバイスから設定してしまえば、アカウントは共通ですので、例えばiPadで設定して、パソコンから見る場合にもう1度設定が必要ということはありません。ですので、わかりやすそうなどれか1つでOKです。

(私にはWi-Fiルータに直接LANケーブルでパソコンを繋いでる場合の設定方法がすぐには分かりませんでした。この場合、何か別にソフトを入れないといけないと思われます。ノートパソコン等、普段からFi-Wiで繋いでいる場合は簡単なのですが)


 
「対応済み(11/21追記)」

SpotCamアカウント登録時の注意点

SpotCamアカウントを登録する場合、ウイルス対策ソフトが動いていると登録できないことがあります。(入力は出来るが送信が完了しない)うちの場合、一時的にウイルス対策ソフトを切る必要がありました。

ただし、対策ソフトを切る必要があったのは今のところ、このアカウント登録時のみです。(通常稼働時は問題なし)

 


 

SpotCam HDのWi-Fiの設定をするときの注意点

初期設定で、SpotCam HDのWi-Fiの設定をするとき、途中でパスワードを求められますが、これはSpotcamのアカウントのものなどではなく、ご自宅もしくは事務所等でお使いのWi-Fiルータの「暗号キー」のことです。

設定を変えてなければ、Wi-Fiルータの裏のシールに書いてあるかと思います。

 


 

SpotCam HDのWi-Fiに接続出来なくなった場合の対処法

パスワード(暗号キー)の入力を間違って接続出来なかった場合、もう1度設定し直すために、SpotCam HDのWiFiに再接続しようとしても、接続できなくなります。

この場合は、一度Spotcam HDの電源を切って(電源を抜く)、再起動する必要があるようです。

 


初期設定さえ済んでしまえば、あとの使い勝手は良いですよ♪

→ クラウドカメラ「SpotCam HD」についての紹介はこちら。