漫画・アニメ

【艦これ・イベント】京まふ「京都艦これ展」行ってきました。

IMG_2219

京まふの「京都艦これ展」行ってきました。

「京まふ」というのは、京都国際マンガ・アニメフェア2014の略。

IMG_1006-2

http://www.kyomaf.jp/public/kancolle/ (公式サイト)

その一部で「艦これ展」もやってたので、見て来ました。天津風クリアファイルもしっかりもらって来ました。

初日の会場前に行ったのですが、けっこう並んでてびっくり。


【展示部分1】

(クリックでamazonに飛びます)

アニメ版以外の展示部分は、だいたい艦娘型録に載ってる絵のようですね。もちろん展示用にとても大きくなってますが(こちらは撮影不可でした)。


【アニメ版艦これ部分】

さて、気になるアニメ版の方。こちらは撮影可でしたので、写真を載せておきます。

ちなみに、流されてた映像は、

この先行PVと同じものでした。


 

IMG_2222

全体ポスター

IMG_2228

大和

IMG_2229

長門

IMG_2234

赤城

IMG_2237

加賀

IMG_2241

愛宕

IMG_2242

夕立

IMG_2244

吹雪

IMG_2246

睦月

IMG_2250

島風

IMG_2254

金剛

IMG_2255

艦隊のアイドル那珂ちゃん

IMG_2257

川内

IMG_2258

神通


 

こんな感じのキャラデザインになるようです。まぁ悪くはないかなぁと。

さてアニメ版はどうなることやら。

PVは水上移動がネタ扱いされてることも多いですが、こうするしかないよねっていう良い出来だと私は思ってます。ということで問題はどういう話の内容にするかですね。


【艦これ以外】

開催場所が、「京都国際漫画ミュージアム」というところで、博物館兼巨大な漫画喫茶みたいなところでしたので、ついでに漫画を読んで来ました(笑)

一部の展示用貴重本以外は、読み放題だったりします。

そんなわけで私は「飛行艇時代」(「紅の豚」の原作)あたりを読んで来ました(前から読みたかったのですが買い損なってた)。


ちなみに「京まふ」イベント本体は開催場所が遠かったのでスルーして、ショップの方だけ行ってきました。

(なぜか「いなり、こんこん、恋いろは。」のうか様ストラップや、ひるね部らしく「くみん先輩」のコースターとか買ってみたり)

【イベント】 こみトレ、行ってきました。

こみっく☆トレジャー24 (インテックス) に行ってきました。

IMG_2149

といってももちろんサークル参加ではなく、ただ見てまわって買いに行くだけ!

今回はHEART WORK (鈴平ひろさん)の参加もなし、JOKER TYPE(西又葵さん)もSKE48関係のものはないようですので、朝から並ばず、開門後に行きました。

だったのですが、開門後15分してもまだ列がはけてなくて結局ちょっとだけ並ぶことに。

今回は、並ぶ目的地サークルもないので、5番館。まず、モバマス→艦これとふらーっと見てまわることにします。


 

【モバマス】

そしたらいきなり……

IMG_0242

こんなステキなものが!

トライアドプリムスのトートバッグです。

ということで即買いしました。2000円。作りもけっこう丈夫です。もう1つ買っとけばよかったかなーとあとから思ったくらい。今回の時点ですでに再販だったらしいですが、冬にもまたあったら買うかもしれません(笑)

サークル名は「彩工房春霞亭」というところのようです。

ニュージェネレーション版もありました。


しかし、今回はトライアドプリムスどころか加蓮ちゃんものが他には見つかりませんでした!(涙)

同人誌もグッズも。これはさびしい……。あとレイヤーさんもいませんでした(モバマスコスでは蘭子はいましたが)。

IMG_2151

あと、エタミクTシャツの表を書いた方のサークルがあるのを当日知ったのですが、向こうも私を知らないだろうし、見に行っただけ(笑)


 

【艦これ】

逆に艦これは全エリアの4分の1を超える勢いです。しかも「艦これ」エリア以外にも艦これのものが置いてあるところが多数あるので(例えば「東方」中心で「艦これ」もというところがいくつも)、もう3分の1にせまる勢いで艦これなんじゃぁという勢力図でした。


「艦これ」関係を見てまわりますが、天津風がけっこう多くなってますね。この前「とらのあな」や「メロンブックス」で見たときはさほどなかったのですが。

その中で1箇所。

IMG_0248

IMG_0249

なんと無料配布してるサークルが!

「あさぎしん」さんという方のようです。サイトかブログがあればリンク貼ってひっそり宣伝(?)するのですが、ツイッターしかないみたいですね。

ともかくありがとうございます。絵柄もけっこう好みです。


 【聖地巡礼本】

IMG_0244

聖地巡礼本がいっぱい!

いやまぁサークルとしては3つ(うち2つは共同。委託?)だけなんですが。「中二病」「たまこマーケット」「いなこん」と気になるところが揃ってました。

って私が買ったの、対象が京都周辺ばっかりですね(笑)

IMG_0246

特に「いなこん」があったのはうれしいですね。パンフレットの作品リストに「いなり、こんこん、恋いろは」の名前はなかったのでしょんぼりしてたのですが、こっちにあったとは!


他にきれいな写真(3次元風景)の栞があったのでそのあたりも購入。特にアニメにも漫画にも関係ないものですが、これはいいものだ。


 【らくがきコーナー】

IMG_2157

らくがきコーナーを眺めるのも楽しみの1つなのですが、今回は派手なのは少なめ。また、すっかりモバマス勢が減ってしまい、やはり艦これが多いですかね。特に目立っていたのはこの木曾でしょうか。

そういえば、艦娘でなくて、艦船そのものを書いてる人がいつもいますね。


 【コスプレコーナー】

コスプレコーナーはいつも気になるのですが、一眼レフカメラを持っていくのも重いし、時間もあまりなさそうなので断念してます。しかも、こみトレの場合、室内撮影になるのですが、私はストロボ持ってないんですよね。

そんなわけ見てるだけ~。

「機巧少女は傷つかない」の「夜々」コスのひとが良かったかなー。ちなみに前回は「時雨」のひと(売り子をしてました)がかわいかったです(笑)


と、それだけで終わるはずだったのですが、今回、なぜか写真を撮ってくれと頼まれました。しかも「レンズ付きフィルム」、いわゆる「使い捨てカメラ」で(笑)

頼んできたのはおっさんで、レイヤーさんと一緒の写真を撮って欲しかったようです。

なのですが、「使い捨てカメラ」なんて久々にさわったのでやってしまいました。ピントを合わせようとして押し込んだら、そのまま撮影してしまいました(笑)

うん、「使い捨てカメラ」とやらにピント合わせなんて概念はなかったよね。

正直、頼んできたおっさんは態度があまりよろしくないひとだったので「まぁいっかっ」て感じなのですが、一緒に撮影した蘭子コスのひとは、てきとうな撮影になってしまって、なんかすいません。

と、最後に妙なエピソード(?)ができてしまいましたが、楽しかったです。


 

【漫画】『いなり、こんこん、恋いろは。』8巻 – BD付限定版、ついに発売 –

IMG_6776-2

予約してあった『いなり、こんこん、恋いろは。』の8巻を引き取ってきました。今回は限定版があります。テレビ未放送回のBD付!

『かみちゅ!』のときをちょっと思い出す商法(DVDにテレビ未放送分の話が追加されてました)ですが、買わざるを得ないじゃないですか!!

内容はネタバレになるので書けませんが、「こん」かわいい! しっかりとした1話構成ではあるものの、ファンディスク的な存在なので、さすがに絶対お奨め!って内容ではありませんが、TV放映版が好きだった方は是非。

 


 

伏見稲荷大社、また行きたいな~(体調悪くてなかなか行けない(涙))

↓ 前回行ったときの旅行記(写真多め)を見てない方はよろしければこちらもどうぞ

【いなりこんこん!京都伏見稲荷大社編】

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へにほんブログ村

【漫画】「HUNTER世界は地動説か天動説か」へのレス

kyousoさんの記事『HUNTER世界は地動説か天動説か』に対する反応です。連載再開万歳!冨樫的な意味とkyousoさん的意味の両方で!

(コメント欄に書くには長くなりすぎたのでこっちで。なんかこういうのも久しぶりですね!)


さて本題

HUNTER×HUNTERの世界は、あまりに世界が大きすぎて、どうなってるのかを考えてしまいますよね。同じく気になってました。

ダイソン球説、おもしろいですね。これは考えもしませんでした。

一方、私はHUNTER世界の人間は実は『こびとさん説』を考えてました。メートルなどの単位系が出てきますが、名前が同じだけでリアルとは違っている単位なのではないかという強引な仮説。

HUNTER世界の人間が高いところから飛び降りても平気だったり、やたら巨大な動植物が存在してるのも説明しやすくなります(モンハンのときにも似たようなことを考えてましたが)。

例えば、HUNTER世界の人間は、リアル人間の10分の1くらいの大きさ。実は最近話題のこのゴンさんが1/1リアルサイズ。

ただ、「HUNTER MIX – 現在の状況」を見ると、それにしてもHUNTER世界は相当広いですね。人間が10分の1程度ではリアル地球の大きさくらい(赤道外周4万km)では説明できないかもしれません。

地球型惑星と思われるもので現在見つかってる最大のものは、直径が地球の2.3倍(ケプラー10c)や2.4倍(ケプラー22b)あたりだと思います。

あくまで現在見つかっているものだけですので、もうちょっと大きいのもあるんじゃないかとは思います。

しかし、大気が分厚すぎず、歩ける程度の温度や堅さの地表のある惑星(木星型惑星のようにガス主体”ではない”惑星)というと、だいぶ緩めに見積もっても、直径で地球の4,5倍程度くらいまでが限界でしょうかね。

これだと外周が16~20万km程度です。

人間が10分の1サイズなら、併せてHUNTER世界の単位で160~200万km相当くらいまでは可能ですが、でも絵からするともっと大きいように見えますよね。

さらにHUNTER世界人間の大きさを小さくして、キメラアントが実はリアルのスズメバチくらいだとすると、人間もリアルの身長3cmちょい程度。50分の1くらい?

ここまですればなんとか説明がつきそうでしょうか。


もう1つは、よくある別の知的生命体などが作った仮想世界説。ソードアートオンライン(小説版)やらログホライズン的な電子世界ベースのものでもいいです。こっちだともう何でもありになっちゃうんですけども。

念能力にメモリ制限(ヒソカ談)のような設定があったり、グリードアイランドなんてものが作れることを考えると、実はこっちのがリアルっぽくはあるのですが。

……まぁ、これこそレベルEの惑星カルバリに近くなりますかね(笑)

(ものすごく余談ですが、十二国記もこういう世界のようですよね。直接的にそういう表現はありませんが)

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へにほんブログ村

【イベント】 KOBE新長田ぽっぷカルチャーフェスティバル

IMG_4256

街中にそびえ立つ鉄人28号。

ストフェス(日本橋)の次の日にあったイベント。KOBE新長田ぽっぷカルチャーフェスティバル

新長田というと横山光輝で有名ですが、震災後の街興しでいろいろやってるようです。あの震災後、このあたりは一面焼け野原でした……。

IMG_1420

関羽の石像など、三国志にまつわる物がたくさんあります。有料無料の複数の博物館だけでなく、街中に横山光輝絵の三国志武将の旗も並んでいたりします。横山三国志好きは是非行ってみてください(ただし過度な期待はしないように(笑))。


【KOBE新長田ぽっぷカルチャーフェスティバル】

そんな新長田の街中にある鉄人28号。その足下に痛車がいっぱい並んでいます。

IMG_4344

IMG_4278

IMG_4272

なんだか不思議な世界が出来上がっています。


同時にステージでのライブイベントもありました。

IMG_1448

名前は忘れてしまったのですが、滋賀県出身のローカルアイドルがえらい歌が上手くて良かったです。メインゲストをくってた勢い。

そのファンのオタ芸集団がいました。オタ芸を近くで見たのは初めてなので、カルチャーショックです(笑)

また、さらにその横でなぜか琉球ノリで踊るおっさんが居たりと、とてもカオスな空間でした。(新長田は沖縄出身の方も多く住んでいます。沖縄名産のお店なんかもあります)

写真は都合上アップできませんが、レイヤーさんもちらほら。ほとんどが痛車の主のようですね。あとはメイド喫茶のメイドさんやいまいち萌えないのコスプレさんがいっぱい(笑)<神戸新聞が協賛なので

いろいろローカル感溢れまくる楽しいイベントなのですが、紹介が遅れたのでこっそり更新しておきます(もう6月……)